土木施工管理を攻略しようよ(セコカン)土木施工管理の勉強法

サイトマップ

土木施工管理 過去問題のどの範囲が出るのか?

土木施工管理を攻略しようよ

■土木施工管理ラストスパート(土木セコカン)
張っている皆さん、こんにちは!
“土木施工管理を攻略しようよ” へようこそ。

このサイトは土木施工管理技士を目指したいけれど、どのように勉強を進めて良いかわからない・・・

そのような人を対象に、少しでも元気を与えられたらとの思いから立ち上げたものです。

このサイトを最後まで読み終える頃には、

貴方には、施工管理技術検定への的確なアプローチ方法が身に付いていることでしょう。

 ●是非ともスキルアップをして、より高度な仕事がしたい

 ●監理技術者として選任されるため、必須となる予定

 ●価値ある資格で戦略武装して、同僚に差を付けたい

 ●上司から受験するように言われて仕方なく・・・

動機は様々だと思いますが、

貴方は既に「施工管理の合格」というゴールを目指して、スタートラインに立っています。

そう、たくさんの見えないライバルたちとともに。

いま貴方の目には何が見えていますか?

貴方の足元から延びる長い階段の先には、重い重いドアがあります。

そのドアの向こうには、「合格」の二文字を手にした貴方が立っていますか?

土木施工管理 合格通知

さて、

土木施工管理の勉強に取り掛かるにあたっては、いくつかのコツがあります。

いわゆる、有利な勉強法と、やってはいけない勉強法との切分けですよね。

このサイトでは、

他では決して紹介していない「勉強法とはどういうものか」に焦点を当てて、

不慣れな方にも理解しやすい表現で説明してゆきたいと思います。

そう、
慣れな方にとっては、どう手を付けて良いかがわからない。
アプローチの仕方すらわからない。そんな迷いが多いのではないでしょうか。

特に文系出身者や女性の方は、非常にハードルが高いと感じられることでしょう。

でも、それは正解です。

最初から理解できる人などいません。

できなくて当然なのです。

まだ最初のページですが、少しだけヒントを置いておきましょう。

土木施工管理の勉強に入るにあたって、必要なものは2つだけ。

そう、過去問題の克服と、経験記述のマスターでしたね。

過去問題は学科試験に勝つための、第一の武器として。

経験記述は実地試験に負けないための、第二の武器として必須ですよね。

土木施工管理の入り口である過去問題

過去問題は学科試験の入口です。

全ての問題の準備体操とでも言うべき、試験勉強の土台ですね。

学科試験を通過しないと、その先の実地試験へは進めません。

未習得の方は手遅れにならない内に、しっかり過去問題をおさえましょう。

さあ、まずは階段を一歩上がりましょう!

重いドアを開けて、その向こうへと旅立つために。

貴方の長い長い階段の勇気ある第一歩目は、「知る」ことです。

土木施工管理の勉強方法を取り巻く、様々な環境についてを・・・

土木施工管理・救済プログラム


→ 次へ(土木施工管理へのアプローチ方法)


↑ PAGE TOP